春のガイドメニュー


2023年3月

道端でオオイヌノフグリが春を告げ、里山ではハナネコノメやコチャルメルソウなどの花々が開花します。目立たないものが多くよく見ていないと素通りしてしまうような花ばかり。安達太良山のくろがね小屋、八ヶ岳の夏沢鉱泉、本沢温泉などやまのいで湯を巡る山旅もいいですね。上旬~中旬には霧訪山山麓で節分草が開花します。


日にち:2023年3月3日(木)

形態:日帰り(前泊必要)

料金:18,000円

定員:4名

備考:アイゼン必要

「ほんとの空」は安達太良山に。雪山登山のセカンドステップに最適です。

こちらは山小屋を利用しない前泊日帰りの設定となります。

郡山、二本松、岳温泉などへの前泊で翌朝の集合が可能です。



日にち:2023年3月17日(木)

形態:日帰り

料金:8,000円

定員:5名

備考:スノーシュー必要(レンタルあり)

一ノ倉沢の絶景を目指してスノーハイキング。道中は冬芽や動物の足跡を見ながらゆっくりと進みます。

はじめてのスノーシューを履く方もOK。



日にち:

①2023年3月18日(金)

②2023年3月19日(土)

形態:日帰り

料金:5,000円

定員:各回4名

山頂からの展望に優れた霧訪山を日帰りハイク。

この時期の霧訪山では節分草や福寿草など春の花が待っています。

下山後には塩尻名物の山賊焼きや塩尻ワインを楽しんで下さい!



2023年4月

雪国では雪どけの時期を迎え、スプリングエフェメラル(春の陽炎・春の妖精)と呼ばれる花々が顔を出します。上旬~中旬の坂戸山ではカタクリの大群落にキクザキイチゲ、また角田山や弥彦山ではオオミスミソウが開花のピークを迎えます。下旬からは佐渡でも色とりどりのオオミスミソウにも出会えます。


日にち:2023年4月9日(土)-10日(日)

形態:一泊二日(宿泊は各自手配)

料金:15,000円

定員:5名

日本海側の山を代表する花、オオミスミソウ。別名は「雪割草」とも呼ばれる春を告げる花です。

日本海側に位置する2つの山でひとつひとつ色が違うたくさんのオオミスミソウを思う存分楽しみましょう。

他にも多くの花々と出会えます。



日にち:2023年4月15日(金)

形態:日帰り

料金:7,000円

定員:5名

春の花を見ながらゆる~くトレッキング。カタクリの大群落はみごとの一言です。

他にも多くの春の花が登山道を彩ります。

イチウチワやキクザキイチゲの大群落、雪をかぶった越後の山々の展望も見どころです。



日にち:2023年4月16日(土)-17日(日)

形態:一泊二日(宿泊は各自手配)

料金:15,000円

定員:5名

新潟県六日町の花の山・坂戸山と同じく新潟県弥彦村の花の山・弥彦山、2座の標高は共に634m。

低山でも驚くほどの花々と展望が!

そんな花の回廊を麓の街に宿泊し1日1座、ゆっくり丁寧に歩く山旅です。



日にち:

①2023年4月19日(火)

②2023年4月23日(土)

③2023年4月30日(土)

形態:日帰り

料金:7,000円

定員:各回4名

カタクリやスミレをはじめとしたたくさんの春の花が咲く霧訪山を、のんびりトレッキング。

天候次第ではが雪のたっぷりついた北アルプスの大展望が望めるかも!



日にち:

①2023年4月20日(水)

②2023年4月29日(金祝)

形態:日帰り

料金:7,000円

定員:各回4名

塩尻の名峰・霧訪山で安全登山のための講習会を行います。

今回は地図読みの基礎とビバークについて学びましょう。

講習のみならず、春の花々と晴れれば山頂から八ヶ岳や槍穂高連峰の大展望も楽しめます。



日にち:2022年4月24日(日)-25日(月)

形態:山小屋泊縦走 1泊2日

料金:22,000円

定員:4名

大菩薩を柳沢峠から大菩薩峠を経て、小金沢連嶺、南大菩薩と南北に縦走します。

新緑の季節を間近に控え徐々に暖かくなる登山に適したコンディションの中、ロングルートの縦走登山を楽しみましょう。 



2023年5月

新緑の季節です。上高地のカラマツ林、奥秩父の広葉樹林などが柔らかな緑に輝きます。

上旬には佐渡の花々がピークを迎え、大型連休は佐渡が最も登山者でにぎわう時期です。佐渡ヶ島北部の大野亀のトビシマカンゾウは下旬が見頃です。尾瀬のミズバショウも咲きたてのこの頃が綺麗です。


日にち:2023年5月2日(月)

形態:日帰り

料金:7,000円

定員:各回4名

塩尻の名峰・霧訪山で安全登山のための講習登山を行います。

今回は地図読みの基礎とビバークについて学びましょう。

講習のみならず、春の花々と晴れれば山頂から八ヶ岳や槍穂高連峰の大展望も楽しめます。



日にち:

①2023年5月5日(木祝)-6日(金)

②2023年5月7日(土)-8日(日)

形態:山小屋泊縦走 1泊2日

料金:30,000円

定員:4名

花の島・佐渡の山々を山小屋泊で縦走します。ルートとなるトレイルは大佐渡山脈。

オオミスミソウやシラネアオイなどスプリングエフェメラル(春の妖精)が出迎えてくれます。

特にこの時期のシラネアオイは日本一の大群落を見せてくれます。



日にち:2023年5月21日(土)-23日(月)

形態:山小屋泊縦走 2泊3日

料金:30,000円

定員:3名

奥秩父が最も華やぐ時期、奥秩父らしく"ひっそりと賑わう"シャクナゲを巡る山旅です。

充実の2泊3日縦走コース。

宿泊する小屋は"奥秩父らしさ"が魅力な大弛小屋と甲武信小屋です。



日にち:

①2023年5月25日(水)

②2023年5月26日(木)

形態:日帰り

料金:4,500円

定員:各回5名

淡い緑に染まる上高地をのんびりと散策。上高地で営まれた人の歴史やそこを作った山の歴史に触れ、単に槍穂高への登山口という場所から「楽しむ上高地」へ。

現地の人が最も美しい季節にあげるこの時期に梓川や穂高連峰を見ながらゆるーく歩きましょう。



日にち:2023年5月28日(土)-29日(日)

形態:テント泊縦走 1泊2日

料金:31,000円

定員:4名

備考:テント本体のレンタル可能/寝袋とマット必要

アズマシャクナゲの咲く時期に静寂の山・和名倉山をテント泊で縦走します。

テント本体のレンタル可能、はじめてのテント泊でもOK。

開催日までどんなご質問でもお答えしますので、不安をしっかりと解消して快適なテント泊を楽しみましょう。