尾瀬・湿原と沼と幻の花

コースの概要

5月下旬、数メートルにおよぶ分厚い積雪もほぼ消え去り長く敷かれた木道が姿を表すといよいよ尾瀬のシーズンの始まりです。

本州最大の高層湿原を白く染めるのはミズバショウ。

尾瀬の代名詞的なこの花の背景に残雪が眩しい至仏山が佇む景色は一度は目にすべき日本を代表する自然景観です。

 

今回ははじめて尾瀬を訪れる方はもちろん、何度目かの尾瀬の方にも楽しんでいただけるよう、尾瀬の成り立ちや花々の紹介、山小屋の歴史などをお話しながら尾瀬のメインルートを横断するルートを設定しました。

燧ケ岳、至仏山と言った高い山には登りませんが、山の楽しみは高いところに登るだけではないということを実感していただける企画となっております。

 

また、日程は山小屋や登山道の混雑を極力避けるため、土-日ではなく日-月で設定させていただきました、ぜひ静かな尾瀬をゆっくりと歩き、山の楽しみ方を広げていただけたらと思っています。

日にち

2021年5月30日(日)-31(月)

山行形態

山小屋泊 1泊2日

料金

25,000円(税込み)

※お支払いは後日銀行振り込みのみ

※料金に関しては必ず こちら をご確認下さい。

定員

4名

集合

鳩待峠 5月30日11:50

解散

大清水 5月31日14:30頃

※前後する可能性があります。

参加条件

・5時間ほど歩く登山やハイキングの経験があること

・以下に記載する「持ち物」を揃えられること

持ち物

以下の装備表をご確認下さい。

ダウンロード
無積雪期標準装備表ver.1.1.pdf
PDFファイル 100.6 KB

装備に関しての不明点はお問合せフォームからご質問お願いします。

スケジュール

一日目

11:50 鳩待峠 集合 登山準備 尾瀬歩きのレクチャー等

12:00 出発

~16:00 ~山ノ鼻~牛首~竜宮~見晴・尾瀬小屋(泊)

二日目

6:30~8:00 見晴周辺散策(様々な花が観察できます)

8:30 見晴 出発

~14:30 ~尾瀬沼~三平峠~一ノ瀬~大清水 解散

※行程の進み具合により前後致します。

お知らせ

・登山届けの提出、山小屋の予約はガイドが行います。

・集合場所までの交通機関のご予約、同様に解散後のお帰りの交通機関のご予約等はご自身で行って下さい。

・初日の昼食はご持参いただくか、鳩待峠の休憩所で注文できます。

・二日目の昼食は行動中となりますので、あらかじめ準備しご持参下さい。

・感染症拡大防止のため、当日までの体調管理、当日の体温測定等の徹底をお願いします。

・山行中に人との距離が近くなる際はマスクやネックゲーター等の着用をお願いします。

 ・参加に際して不安な点や不明な点などはお問合せフォームからご質問お願いします。

・開催当日に歩行が困難な悪天候が予想される場合は、前日の17時頃を目処に最終判断をし中止のお知らせをさせていただきます。

その場合キャンセル料は発生致しません。

参考リンク

※交通機関の時刻・運賃はこちらからご確認下さい。

関越交通 高速バス尾瀬号

発車オーライネット(5/30の尾瀬号の予約ページが開きます)

関越交通 尾瀬戸倉~鳩待峠 乗合バス

尾瀬小屋

参考移動経路

 ※移動経路はあくまでも参考です。必ずご自身でお調べ下さい。

【往路】

バスタ新宿6:35 = 関越交通/高速バス 尾瀬号 = 10:55尾瀬戸倉

尾瀬戸倉11:10 = 関越交通/尾瀬戸倉~鳩待峠 乗合バス = 11:45鳩待峠

【復路】

大清水15:10 = 関越交通/高速バス 尾瀬号 = 19:30バスタ新宿

 

・上記以外にも

沼田 = 関越交通/路線バス = 尾瀬戸倉 = 関越交通/乗合バス = 鳩待峠

の経路もあります。

お申込み締め切り

5月29日(土)18:00