上高地から穂高の懐へ

~秋の岳沢トレッキング~

コースの概要

河童橋から眺める穂高連峰。その中心に深く切れ込む沢が「岳沢」です。

上高地が黄金色に色づく時期に岳沢までのトレッキングを楽しみましょう。

 

朝、上高地バスターミナルを出発してまずは河童橋から穂高連峰を望みます。天気が良ければ目的地の岳沢に小さく小さく小屋が見えるかも。

河童橋を後にして澄んだ梓川を横目に進むと木道の湿原に入ります。その「岳沢湿原」の木製デッキから、そそり立つ六百山を眺め一休み。

さぁそこから岳沢に向かっていよいよ登りが始まります。

常緑樹と広葉樹が織りなす多彩な色の道をこの時期ではちょっと寒すぎる風穴の冷気を感じつつ、色とりどりの落ち葉を踏みしめて徐々に標高を上げていきます。

このトレッキングのゴールは岳沢小屋。

 

穂高の懐に抱かれた静かな岳沢から黄葉の上高地を見下ろしコーヒーを飲みながらのんびりと過ごしましょう。

 

※ご参加には松本や上高地周辺施設への前泊、またはさわんどBTへの早朝着が必要です。

 

上高地アルプス山荘に宿泊を希望される方はお申込みフォームにてその旨お知らせ下さい。

日にち

①2021年10月28日(木)

2021年10月30日(土)

※日程が29日→28日と30日に変更になりました。

山行形態

日帰り

定員

4名

集合

上高地バスターミナル 8:30頃

解散

上高地バスターミナル 16:00頃

料金

5,000円

※お支払いは当日現金払い(Paypay も可)

※料金に関しては必ず こちら をご確認下さい。

参加条件

・登山初心者可

・一般の登山道を3~5時間程度歩いた経験があること

・本ページに記載する「持ち物」を揃えられること

スケジュール(行動時間には休憩も含む)

上高地バスターミナル…河童橋…岳沢湿原…風穴…岳沢小屋…往路を戻る…上高地バスターミナル

行動時間 約7時間30分 

持ち物

以下の装備表と補足をご確認下さい。

ダウンロード
無積雪期標準装備表ver.1.1.pdf
PDFファイル 100.6 KB

上部で積雪がある場合もあります。装備品の補足は以下となります。

チェーンスパイクまたは6本爪アイゼン

お持ちの方はご持参下さい

トレッキングポール(ストック)

お持ちの方はご持参下さい

手袋や防寒着

→寒さが不安な方は少々多めにご持参下さい

装備に関しての不明点はお問合せフォームからお気軽にご質問下さい。

お知らせ

・登山届けの提出はガイドが行います。

・感染症拡大防止のため、当日までの体調管理、当日の体温測定等の徹底をお願いします。

・移動中や行動中に人との距離が近くなる際はマスクやネックゲーター等の着用をお願いします。

 ・参加に際して不安な点や不明な点などはお問合せフォームからご質問お願いします。

・開催当日に歩行が困難な悪天候が予想される場合は、開催日前々日の17時頃を目処に最終判断をし中止のお知らせをさせていただきます。中止の場合キャンセル料は発生致しません。

上高地アルプス山荘への宿泊をご希望される方はお申込みフォームにてその旨お知らせ下さい。

参考リンク

 交通機関の時刻・運賃はこちらからご確認下さい。

アルピコ交通 松本~新島々~上高地 時刻表

参考移動経路

 下記の経路はあくまでも参考です。必ずご自身でお調べ下さい。

 ※現在、松本電鉄上高地線は一部代行バスでの運行となっております。   

  こちらをご確認下さい→ 鉄道上高地線 代行バスの運行について

 【往路】

松本 6:23 = アルピコ交通(鉄道+バス)/上高地線 = 7:01新島々

新島々 7:10 = アルピコ交通(バス)/上高地線 = 8:15上高地

または

さわんどBT 7:48 = アルピコ交通(バス)/上高地線 = 8:15上高地

【復路】

上高地 17:30 = アルピコ交通(バス)/上高地線 = 18:35新島々

新島々 18:39 = アルピコ交通(鉄道+バス)/上高地線 = 19:24松本駅

松本 20:10 = JR特急あずさ60号 = 22:45新宿

お申込み締め切り

10月26日(火)18:00